☆ 新着情報 ☆ ... New info !

2012-11-11 23:23:00

 

 

目次

第一部:  沈黙を破る

第1章:  2007年 セドナにて
第2章:  なぜ2012年12月21日なのか
第3章:  マヤ民族のハート
第4章:  ティカールの儀式
第5章:  *カンデラリア洞窟の儀式
第6章:  マヤの予言の肯定的な一面


第二部:  新人類の誕生

第7章:  (古代)エジプト人
第8章:  カール P. マンク
第9章:  アトランティス人の記憶消失と**ロシアの宇宙ステーション・ミール
第10章: ピラミッド群 ・ クリスタル類 ・ 人類の動き
第11章: マヤの古写本 「始まり」-どのようにして新生地球にかかわっていくか



*カンデラリア洞窟 - 全長18kmに及ぶ鍾乳洞で、地下にはマヤの聖地が広がり、マヤの中から多くの巡礼者が訪れたと言われれている。

**1986年2月19日に打ち上げられ、2001年3月まで使われた宇宙ステーション (サリュートの後継機) である。 ミールという名前は、ロシア語で「平和」「世界」を意味する。



*以下、目次の原文 ↓↓↓


CONTENTS

PART I: Breaking Silence

Chapter One:   Sedona, 2007
            Two:   Why December 21, 2012
            Three: The Heart of the Maya
            Four:   The Tikal Ceremony
            Five:   The Candelaria Cave Ceremonies
            Six:    The Positive Side of the Mayan Prophecy


PART II: The Birth of a New Humanity

Chapter Seven:  The Egyptians
             Eight:   Carl P. Munck
             Nine:    The Atlantian Memory Loss and the Russian Space Station Mir
             Ten:     Pyramids, Crystals, and Human Actions
             Eleven:  The Mayan Codices The Beginning: How to Enter the New Earth

 

 

 

[  序文へと続く・・・ ]