☆ 新着情報 ☆ ... New info !

2013-04-21 21:23:00

いつも当ウェブサイトをご利用下さいまして ありがとうございます。 

当ウェブサイト内の 『お問合わせ欄』より お問合わせを頂いておりますが、

システム障害の為か、お問合わせの内容 (差出人様ご氏名および返信用メールアドレス・連絡先電話番号等 ) が 全て文字化け表示で届いておりまして、残念ながら現在のところ全く判別が付かない状態になっております事情で、お問合わせに対する返信が不可能な状態が続いております。

只今、ウェブのシステム管理会社からの問題の修復改善を待っている最中です。

お問合わせを下さいました方々には、大変ご迷惑をお掛けいたしまして申し訳ありませんが、システムが修復するまでの間、お手数ですが、下記のメールアドレスまで直接ご連絡を下さいますようお願い致します。

 

 atihjp☆gmail.com  (お手数ですが、☆を@に変えて送信下さい。)

 

追って、返信致します。  

ウェブシステムの問題が解決するまでの間、ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 


2013-02-16 22:22:00

 

2013年2月13日 にドランヴァロの公式Webサイトに新着ニュースが掲載され

ました。

マヤの暦によると2月18日から地球はある特定の領域へと入って行くとの

ことです。

 

これは約3ヶ月半程続いて今年の6月2日に終了する予定ですが、

完了しない場合は、8月末までずれ込む可能性もあるとの事です。 

 

(続く…)

 

原文の記事は、下記のドランヴァロの公式サイトのページにアクセスして

下さい。

 

http://t.co/3z9fgdRE

 

 

 

 


2012-12-22 18:00:00

 

昨夜20時11分が 銀河系の中心部・惑星・太陽・地球が直列した瞬間です。

その直後 ドランヴァロは深い瞑想に入り銀河の中枢部より

メッセージを受け取りました。

 

以下、昨夜のウェブキャストで全世界に配信された内容から

ドランヴァロを通して語られたメッセージの部分を抜粋でお届けします。

メッセージは 時間にして約10分ほどでしたが

今回は文章に起こしたものを英文のまま掲載いたします。

 

 

 

---- Via Drunvalo's Webcast "Day II"     (Approx. 10 min. long)

 

 

The Galactic Message through Drunvalo

 

 

Blessing to the Earth. And to all life in Earth, especially to human kind at this time.

 

We are the central council of our galaxy.

 

We are a collective of all life in the galaxy.

 

Drunvalo has given us a permission to speak thru him

 

and we will use his concepts and ideas to express ourselves.

 

We love you.

 

We have always loved you and never ever be a time when we do not loved you.

 

And we are always with you even when you don’t know where with you.

 

You are about to go thru a transition.It’an ancient.It is nothing new.

 

It’s very very old.And every one of you have been thru transition one very similar to it many many may times before.

 

You know within your heart precisely how to move during this transition.

 

And so the secret is to find your way to your heart.

 

And near future many things are going to begin to take place on your planet.

 

We are guiding you carefully from where we are, from where the sun is, from where the earth is.

 

We will not let you go.

 

you will never forget you.

 

We are always be with you.

 

we prepared everything for you.

 

All you have to do is to remember who you are.

 

We know this because we know your future.

 

And remember what you are capable of.

 

You can speak to us any time.

 

You need help from within your heart.

 

We will be there when we help you if you are confused.

 

You will do fine.

 

We know this.

 

Because we know the future.

 

We know what happens to you and your planet.

 

We know where you are going.

 

We’ve already seen it.

 

And it is beautiful.It is good.

 

You humanity have become bright light to all life everywhere.

 

We all thank you what you have done.

 

The pain you had to go thru and all trials but it is just about over.

 

And new life is to begin.

 

Love guides all life everywhere.And you are no different.

 

Love will guides you carefully and protect you carefully to all the movement you make.

 

You must trust yourself.And you can trust us also.

 

For we are you and you are us.

 

But most of you don’t remember.

 

There is one minor correction we would like to make to Drunvalo’s teachings.

 

It’s a small thing but it’s a big thing.

 

When he teaches what you call the “Unity breath” when you connect to love with your mother earth and feel the love then send your love to her and send her love to you

 

As you connect with sky and all rest of creation in the same way.

 

You send love to father sky and father sky sends love back to you, and you connect.

 

And he feels you both at once.

 

And he has see you as triangle and he has you feel the love between your mother and your father.

 

There is one thing it’ been forgotten.You must feel love yourself.

 

You are the reason the universe was created.

 

Forgot you? There’s no reason to continue.

 

You are beautiful.Remember who you are.

 

And find the love. That surround you and within you for yourself.

 

All life in existence loves you and grateful to you what you have done.

 

In your human form you may just another human being.

 

From where we are, you are much much more that.

 

We do leave you now but we’re not going to leave you.

 

Any time you wish to be with us, please find us in your heart.

 

We will always be there for you.always, always, always….

 

Pleasants in your life, my friends.

 

Thank you and good bye.

 

 

 

December 21, 2012@ 20:12 hours Japan time.

 

 

 

 

 

 


2012-12-15 22:22:00

 

 昨日 12月14日(現地時間は12/13)、ドランヴァロの公式ウェブサイトより
(ドランヴァロの YouTube公式サイト 及び facebook公式サイトも同時に)
新着情報が発信されましたので、お知らせ致します。

最近では、スピリチュアルにほとんど関心のない一般人さえも興味を示している
2012年12 月21日、マヤ民族の暦の最終日がいよいよ近づいて来ていますが、
その当日の前後1日を加えた3日間を宇宙の歴史上 重要な日ととらえ、
ドランヴァロが 新設のスタジオよりインターネットの動画配信を予定しています。

このイベントについてのお知らせが 昨日 YouTube の動画で配信されました。

また本日、 邦訳字幕版を作成しましたのでご覧下さい。 

 

 

 

 

 

 


2012-11-11 23:23:00

 

 

目次

第一部:  沈黙を破る

第1章:  2007年 セドナにて
第2章:  なぜ2012年12月21日なのか
第3章:  マヤ民族のハート
第4章:  ティカールの儀式
第5章:  *カンデラリア洞窟の儀式
第6章:  マヤの予言の肯定的な一面


第二部:  新人類の誕生

第7章:  (古代)エジプト人
第8章:  カール P. マンク
第9章:  アトランティス人の記憶消失と**ロシアの宇宙ステーション・ミール
第10章: ピラミッド群 ・ クリスタル類 ・ 人類の動き
第11章: マヤの古写本 「始まり」-どのようにして新生地球にかかわっていくか



*カンデラリア洞窟 - 全長18kmに及ぶ鍾乳洞で、地下にはマヤの聖地が広がり、マヤの中から多くの巡礼者が訪れたと言われれている。

**1986年2月19日に打ち上げられ、2001年3月まで使われた宇宙ステーション (サリュートの後継機) である。 ミールという名前は、ロシア語で「平和」「世界」を意味する。



*以下、目次の原文 ↓↓↓


CONTENTS

PART I: Breaking Silence

Chapter One:   Sedona, 2007
            Two:   Why December 21, 2012
            Three: The Heart of the Maya
            Four:   The Tikal Ceremony
            Five:   The Candelaria Cave Ceremonies
            Six:    The Positive Side of the Mayan Prophecy


PART II: The Birth of a New Humanity

Chapter Seven:  The Egyptians
             Eight:   Carl P. Munck
             Nine:    The Atlantian Memory Loss and the Russian Space Station Mir
             Ten:     Pyramids, Crystals, and Human Actions
             Eleven:  The Mayan Codices The Beginning: How to Enter the New Earth

 

 

 

[  序文へと続く・・・ ] 

 

 


1 2 3 4